キャンプ用品お買い得情報

5月5日更新最新情報
Amazon・・タイムセール祭り!!
楽天市場・・5と0の付く日がお買い得!
Yahooショッピング!・・5の付く日がお得!
アルペン・・GW10%OFF!
ナチュラム・・ナチュラム祭!5/9まで!
L-Breath・・春の大感謝セール!
スポーツオーソリティ・・アウトレットセール開催!

スポンサーリンク

【2021年最新】ファミリーキャンプ『テーブル』15選!失敗しない選び方!

画像出典:CHUMS

もほーく

今回はファミリーキャンプ用のテーブルのご紹介です。
失敗しないように選び方もご説明します。

テーブルって色々あるかや迷いやすいよね〜

ペグ子
もほーく

テーブルと言っても焚き火用や食事用・テント内での使用等
色々あるので買うときは注意しましょう。

こんな方におすすめの記事です

  • キャンプを始めたいと思っている
  • キャンプ用テーブル選び方が知りたい
  • 今人気のテーブルを教えて欲しい
  • 色々なテーブルを比較して検討したい
  • ファミリーに適したテーブルが欲しい

テーブルの選び方!
ポイントは次の5つです!

画像出典:Coleman
  1. 収納時の形状
  2. 利用人数(大きさ)
  3. 使用用途(種類)
  4. 材質
  5. メーカー(価格)
もほーく

これからポイント毎に説明させて頂きます。
最後に用途別におすすめを比較表にしてますので参考にしてください。
最後にランキング形式でおすすめをご紹介!

選び方①:収納時の形状

収納時の形状(ロール型)

画像出典:naturum

ロール型はテーブルをくるくる巻いて縦長の袋に足組みと一緒に収納できるタイプです。
テントやタープ等の収納と形状が似ているため一緒に積んで収納することが可能ですが設置に時間がかかります。
また分解しての使用となる為部品の紛失するリスクがあります。

ポイント

<メリット>
・収納サイズが小さくなるため積載に適している

<デメリット>
・設営に時間がかかり面倒に感じる
・パーツが分かれているので部品の紛失のリスクがある

収納時の形状(折り畳み型)

画像出典:OGAWA

折り畳み型はそのまま足だけを畳むタイプや、テーブルを半分に折り畳むタイプがあります。
すぐに設営ができるのが特徴で簡単です。ただし、収納サイズは大きくなる事が多いので車での積載も併せて検討が必要となります。

ポイント

<メリット>
・すぐに設営できて簡単なので子供でも設営できる
・バックのように持ち運びしやすい

<デメリット>
・収納(高さ)が大きくなる為積載面を考慮する必要がある

選び方②:利用人数(大きさ・高さ)

利用人数による大きさ・高さ

画像出典:SnowPeak

テーブルの大きさですがメインで使うテーブルの場合は使用人数によるサイズが重要です。
下記に参考となるテーブルサイズを表にしましたのでご確認下さい。あまり大きなサイズにすると積載や自宅での収納面やテントサイト内での移動等制限される場合もありますので適正サイズがおすすめです。

使用人数横サイズ(cm)縦サイズ(cm)
1人〜2人30~6030~40
3人〜4人60~10040~60
5人以上100以上60以上
画像出典:OGAWA
画像出典:OGAWA
画像出典:OGAWA
使用高さ高さサイズ(cm)
ロースタイル30~60
ミドルスタイル60~100
ハイスタイル100以上

選び方③:使用用途(種類)

画像出典:OGAWA

キャンプでのテーブルの必要数にも準じますが、下記の3つのテーブルを持っていると便利かと思います。
我が家でも下記の使用用途に応じて3つのテーブルを使い分けております。

メインテーブル
キャンプでの食事等家族みんなで使うテーブルです。
先程の使用人数に合わせたサイズでの購入をおすすめします。
焚き火テーブル
文字通り焚き火だいを取り囲む際に使うテーブルです。(耐熱性が重要です)
焚き火台おすすめ記事も参考にどうぞ!
サブテーブル
サブテーブルは主にテント内での使用や食事の際にバーナー等を置く場合等に活躍します。
テント内にちょっとしたテーブルがあると便利です。

選び方④:テーブルの材質

材質は主に下記の『木製』『アルミ製』『ステンレス製』『布製』に分かれます。
それぞれ特徴が異なりますので使用用途に合わせて選ぶのをおすすめします。

木製
木製の良さはなんと言ってもキャンプ映えだと思います。
テントサイトとも雰囲気が合わせやすいのが特徴なのでメインテーブルにおすすめです。
木の特性上メンテや重量が重いモデルが多いです。
アルミ製
アルミ製の良さは軽さとコスパです。安価なモデルが多いのが特徴で耐熱性もあるモデルが多く人気です。
サブテーブルや焚き火用テーブルにも使えますしメインテーブルにもおすすめです。
ステンレス製
ステンレス製の特徴は耐熱性・耐火性ですので焚き火テーブルとしておすすめです。
熱々のやかんやダッチオーブンを置いても問題ないモデルが多くお手入れもさっと拭くだけ楽々です。
布製
布製は軽くてコンパクトなのが特徴です。
火に弱いモデルが多く耐荷重に注意が必要です。テント内等のサブテーブルに適してます。

ポイント

<メインテーブルおすすめ>
木製・アルミ製
<焚き火テーブルおすすめ>
ステンレス製、アルミ製
<サブテーブルおすすめ>
木製、ステンレス製、アルミ製、布製

選び方⑤:メーカー

テーブルを販売しているメーカーは多数ありますが、安心して使用できる定番メーカーを中心にご紹介します。
ネット販売等では海外性の格安のテーブルもありますが耐久性に難がある場合が多いので私はおすすめしません。

定番メーカー①:Coleman

Colemanの2021年大ヒット商品のバタフライテーブルです。種類は90cmサイズと120cmサイズの2種類あります。
3段階の高さ調整ができるのが特徴で様々なキャンプシーンに合わせられます。メインテーブルにおすすめ!

定番メーカー①:SnowPeak

新たにリニューアルされたSnowPeak人気のテーブル竹です。2枚の天板を開くと足も同時に開くので楽々完成!
高さ40cmですのでロースタイルでのキャンプにおすすめです。

定番メーカー①:mont-bell

モンベルの『マルチフォールディングテーブルワイド』はコンパクト収納が可能で天板の高さも3段階に調整が可能です。
4人〜6人向けのサイズですのでファミリーキャンプでのメインテーブルにもおすすめです。

定番メーカー①:Helinox(ヘリノックス)

ヘリノックスのチェアとも合わせやすいサイズ感で重さも935gととても軽いのが特徴です。
軽いのでテント内のテーブルやサブテーブルとして使うのに便利です。

定番メーカー①:LOGOS

LOGOSのファミリー向けの折り畳みテーブルです。汚れても丸洗いできるのが特徴です。
4段階の高さ調整が可能でカラーもカラフルなのもLOGOSらしい遊び心があります。

定番メーカー①:CAPTAINSTAG

CAPTAINSTAGの代表的なテーブルと言えばこちらのアルミロールテーブルです。
600gと軽量ながらもロール型てコンパクト収納が可能なので車の積みっぱなしもできます。
価格もネット販売で2千円程度で購入できるのもお買い得です

定番メーカー①:DOD

DODテキーラテーブルは焚き火用のテーブルとして熱に強い鉄製の仕様となっております。
焚き火の上でも使用できる程のタフさが自慢でダッチオーブンを置いての調理も可能です。

定番メーカー①:ユニフレーム

ユニフレームの大ヒット商品焚き火テーブルはダッチオーブン等の熱々の調理器具を置くこともできるタフなテーブルです。
カスタマイズしている方も多く足が天板に収納できるので持ち運びも便利です。

おすすめメーカー①:ハイランダー

アウトドア用品ネット販売『ナチュラム』のオリジナルブランドの大人気商品です。
ウッド調のテーブルがキャンプサイトをおしゃれに演出します。他のメーカーに比べて安価なのも特徴です。

おすすめメーカー①:YOCA

YOKAは木をパネルのようにして組み立てるのが特徴でとてもおしゃれなテーブルができます。
それぞれのパーツを外すと平らになるために収納性も良いのが特徴です

おすすめメーカー①:テントファクトリー

高さが調整できる木製テーブルで、キャリーワゴンに乗せて使うこともできるのが特徴です。
キャリーワゴンをお持ちの方は使用範囲も広がりますのでおすすめです。

ファミリーキャンプおすすめテーブル比較表

比較ランキング表

①メインテーブル比較5選
②焚き火用テーブル比較5選
③サブテーブル比較5選

メインテーブル比較5選

タイトルメーカ商品名称使用時サイズ収納サイズ収納形状重量ハイ&ロー
高さ調整
天板材質価格ランキング楽天市場amazon
OGAWA3ハイ&ロー
テーブルロング
81x100x高さ35.5/50/60cm幅40x奥行100折り畳み6.1kg3段階アルミ19,580円1位詳細を見る詳細を見
Colemanバタフライ
テーブル
70×120×70/60/44(h)cm約36×120×9(h)cm折り畳み約5.7kg3段階メラミン樹脂等19,800円2位詳細を見る詳細を見る
LOGOSグランベーシック3FD120×60×69/57/35/24cm(約)62.5×50×5cm折り畳み約6.4kg4段階フェノール樹脂16,280円3位詳細を見る詳細を見る

SnowPeakローテーブル
846×496×400(h)mm248×846×50mm折り畳み5.5kg1段階竹集成材27,500円4位詳細を見る詳細を見る
ハイランダーウッドロール
テーブル
122×60×43cm15×30×68cmロール型約10kg1段階ブナ
(木製)
16,280円5位詳細を見る詳細を見る

おすすめはこちら!

もほーく

我が家も使っているogawaのアルミテーブル。
軽くて木目調で見た目もおしゃれ!汚れてもさっと吹くだけ!

サブテーブル比較5選

タイトルメーカ商品名称使用時サイズ収納サイズ収納形状重量ハイ&ロー
高さ調整
天板材質価格ランキング楽天市場amazon
ヘリノックステーブルワンW57×D40×H38cmW43×D11×H13cm折り畳み
(ポール部)
2.86kg1段階その他24,200円1位詳細を見る詳細を見る
LOGOSロールサイド
テーブル
(約)47×46×46.5cm(約)13×12×46cmロール型2.4kg1段階アルミ6,490円2位詳細を見る詳細を見る

YOKAオーバル
テーブル
W597 x D400 x H300 mmW597 x D36 x H400 mmパネル式約2.4kg1段階針葉樹合板13,200円3位詳細を見る詳細を見る

CAPTAIN
STAG
アルミロール
テーブル
幅400×奥行290×高さ120幅60×奥行400×高さ70折り畳み700g1段階アルミニウム3,850円4位詳細を見る詳細を見る

CHUMSバンブーサイドテーブル約H31×W40×D60cm H3×W40×D60cm折り畳み
(ポール部)
約10kg1段階天然竹集成材10,780円5位詳細を見る詳細を見る

おすすめはこちら!

もほーく

サイドテーブルは軽さ重視が良いです。
見た目と汚れの強さで選びました!

焚き火用テーブル比較5選

タイトルメーカ商品名称使用時サイズ収納サイズ収納形状重量ハイ&ロー
高さ調整
材質価格ランキング楽天市場amazon
ユニフレーム焚き火
テーブル
約55×35×(高さ)37cm約55×35×(厚さ)2.5cm折り畳み
(ポール部)
約2.3kg1段階ステンレス7,900円1位詳細を見る詳細を見る
Hung Outファイヤーサイド
テーブル
W500 x D380 x H330 mm500×380×140mm天板
スタンド
分割
3.5kg1段階ステンレス9,680円2位詳細を見る詳細を見る

QUICK
CAMP
ヴィンテージライン焚き火テーブル約60×40×27/34.5cm 40×30×4.5cm折り畳み
(ポール部)
約1.4kg2段階アルミ
MDF耐熱耐水天板
4,480円3位詳細を見る詳細を見る

Colemanステンレスファイヤーサイドテーブル約60×40×25(h)cm約40×5×30(h)cm折り畳み2.6kg1段階ステンレス7,980円4位詳細を見る詳細を見る

DODテキーラ
テーブル
(約)W115×D49×H41cm天板3枚
分割
8.6kg1段階鉄・パイン14,940円5位詳細を見る詳細を見る

おすすめはこちら!

もほーく

焚き火テーブルの大人気商品です。
我が家も5年ぐらい使っているお気に入り商品です

おすすめ!ファミリーキャンプテーブルまとめ

まとめ

  • テーブルは3種類あると便利
  • メイン・サブ・焚き火用
  • それぞれのおすすめ5選をご紹介
  • サブテーブルはテント内もOK


スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

もほーく

キャンプ歴5年の管理人『もほーく』です。 主に関東平野のキャンプ場で生息している牛です。 ファミリーキャンプを中心にCAMPを楽しんでます。 『Twitter』/『 Instagram』やってますので宜しければフォローお願いします。 下のアイコンをクリック頂けると喜びの雄叫びをあげるだもー。

-ギアランキング
-, , , , ,