キャンプ用品お買い得情報

5月5日更新最新情報
Amazon・・タイムセール祭り!!
楽天市場・・5と0の付く日がお買い得!
Yahooショッピング!・・5の付く日がお得!
アルペン・・GW10%OFF!
ナチュラム・・ナチュラム祭!5/9まで!
L-Breath・・春の大感謝セール!
スポーツオーソリティ・・アウトレットセール開催!

スポンサーリンク

【2022年最新】ポータブル電源おすすめランキング11選+α!

もほーく

最新のポータブル電源のランキングです
ポータブル電源選びで悩んでる方必見です
メーカー別の特徴や選び方のポイントを纏めて最後におすすめを紹介します

ポータブル電源があれば冬キャンプや電源なしサイト、
災害時にも安心できるね!おすすめ教えて〜!

ペグ子
もほーく

ポータブル電源の各社比較表とランキングでまとめてます。
ペグ子さんも参考にしてね

こんな方におすすめの記事です

  • ポータブル電源を探している
  • 結局どれを買えば良いのか悩んでいる
  • 選び方のコツを知りたい
  • 比較して購入したい
  • 災害時の備えを充実したい

ポータブル電源って何?どんな事ができるの?

画像出典:ANKER
画像出典:PowerArQ

ポータブル電源とは、モバイルバッテリーの大容量版と思っていただいても大きく間違っているわけではありませんが、
モバイルバッテリーは基本USB出力のみなのでスマホの充電が中心になるかと思います。

ポータブル電源は大容量だけではなく、さまざまな出力端子を持っているため家庭用の電化製品が使えるAC電源やシガーソケットが付いていたりと幅広く家電製品が使えるのが特徴です。モバイルバッテリーより大容量で高出力、高性能なのがポータブル電源となります。

  • ポータブル電源:UCB以外にもACやDC端子も多く容量も大きくさまざまな家電に使える
  • モバイルバッテリー:基本的にUSB端子のみ容量も小さくスマホ向け

キャンプでポータブル電源があれば、スマホの充電はもちろん扇風機や電気毛布LEDライトの充電、小型の冷蔵庫やドライヤー等の使用も機種により使える家電の範囲は異なりますが可能になります。さまざまな家電が使えるので災害時にも一家に一台がこれからの時代かなと感じます。
キャンプ中にスマホの電源気にしなくなるだけでも嬉しいですね。

夜はテントの中でプロジェクターの上映会とかすれば子供も大喜びしますね。

ペグ子

失敗しない!ポータブル電源の選び方!
ポイントは次の6つです!

失敗しない選び方

  1. バッテリー容量
  2. 定格出力・周波数
  3. 出力ポートの種類
  4. 純正弦波に対応かどうか
  5. PSEマークの有無
  6. 付加機能・拡張性

ポータブル電源選び方①:バッテリー容量

画像出典:ANKER

ポータブル電源のバッテリー容量は『Wh(ワット)』が用いられる事が多いです。
これは使用する家電の電気量を全て足して範囲内に収まっていれば『使用する家電が1時間使える』事を指しております。

  • 例:ポータブル電源が300Whの場合
    (炊飯器50Wh +電気毛布80Wh +扇風機20Wh=150Wh)
    としたら2時間で300Whなので2時間まで使えます)

購入する前には、使用したい家電製品をある程度想定してから購入される事をおすすめします。
後で電力が足りなかったとなった場合に買い直しにならないように迷ったら容量の大きめを選ぶ事をおすすめします。
目安としてデイキャンプなら300Wh、1泊のキャンプなら400〜500Wh、2泊以上であれば800Wh以上あると安心です。
災害用の使用も兼ねるのでしたら1000Wh以上が安心です。

もほーく

容量で価格もだいたい決まるだもー!
・〜500Whで『5万円以内程度』
・500Wh〜『5〜10万円』
・1,000Wh〜『10〜15万円』

ポータブル電源選び方②:定格出力・周波数

画像出典:ANKER

製品毎に定格出力(安全に使用できる最大出力)が決まっておりますので、使用したい家電製品が使用範囲を超えていたら使用できません。
お手持ちの家電製品に消費電力のシール表示が一般的ですので確認すれば使用可能かどうかわかります。

消費電力が分からない場合は型番等からメーカーのHP等で確認するのをおすすめします。
電気ストーブ等の場合は記載された定格出力がポータブル電源の定格出力より大きい場合でも電気ストーブ『弱』の設定で使用できるケースもあります。
このあたりは製品によるので実際に使用してみないと分からない場合が多いです。

家庭用のコンセントの周波数は『50Hz』『60Hz』の2種類に分かれます。
どちらかにしか使えない家電製品もありますので、全ての周波数に対応している製品を選べば問題なしです。

ポータブル電源の選び方③:出力ポートの種類

画像出典:ANKER

一般的なポータブル電源は、電気の出力ポートしてコンセント(ACポート)、シガーソケット、USBポートを装備しております。
ポート数は機種やメーカーによりさまざまありますので使用用途を踏まえて使用予定の製品が使えるポートを揃えている製品選ぶのをおすすめします。

家族や友人等多人数で使われる予定の方は、USB-AやUSB-C(Type-C)の数も重要になるかと思いますので家族や友人と一緒使えるタイプを購入するのをおすすめします。

もほーく

最近はワイヤレス充電対応モデルも登場してますので合わせて検討だも〜

ポータブル電源の選び方④:正弦波に対応かどうか

画像出典:Jackery

出力される電気(出力)の波形によって使用できる家電製品が制限される場合があるので注意が必要です。
製品によって電気の波形には『矩形波』『正弦波』『修正波』の3つのタイプがあります。

ポータブル電源選びなら下記の通り『正弦波』一択です。

  • 正弦波・・・家庭用の電源の波形なので電子レンジや、電気毛布、炊飯器、電位ポット等OK
  • 矩形波・・・コンピュータ内蔵の家電やパソコン等の正弦波に依存する電気機器の利用ができない
  • 修正波・・・矩形波ほどではないが、PC等に異常をきたす可能性がある
もほーく

ポータブル電源の購入には『正弦波』の購入をおすすめします。
他は価格が安いですが故障の恐れあります。

ポータブル電源の選び方⑤:PSEマークの有無

ポータブル電源の安全性・信頼性を担保するため、電気用品安全法に基づいた基準で『PSEマーク認証』を受けている製品をおすすめします。
海外ポータブル電源や安いポータブル電源を検討する際には『PSEマーク認証』の有無を確認する必要があります。
PSEマークにはひし形と丸型の2種類があります。

モバイルバッテリーはPSEマーク必須となっておりますが、ポータブル電源は交流が出力できる関係でPSEマークは必須とされてません。

  • ひし形:政府認定の検査期間によって検査項目をクリアした認証マーク
  • 丸型:第3者の検査期間や自主検査によって検査項目をクリアしたもの
もほーく

ひし形の認証が一番安心ですね。

ポータブル電源の選び方⑥:付加機能・拡張性

画像出典:ecoflow

メーカーによっては下記のような付加価値をつけて販売しております。
ポータブル電源の使用自体に直接関係するわけではありませんが、使用用途に応じて下記の付加機能があるかどうかも確認する必要があります。
LEDライトや防水機能は屋外や災害時には必須の機能ですのであった方がいいですね。

  • LEDライト:懐中電灯やフロアライトとして
  • ワイヤレス充電:スマホの充電機能
  • 防水機能:野外で安心
  • 液晶ディスプレイ:見やすく操作しやすい
  • パススルー充電機能:本体を充電しながら給電可能
  • スマホ操作:専用アプリで操作できる
  • バッテリー交換:劣化した場合に交換が可能である

ポータブル電源人気ブランド5選

おすすめブランド①
『PowerArQ(パワーアーク)』

画像出典:PowerArQ

PowerArQ(パワーアーク)はArk(箱)とQuality(品質)の文字を掛け合わせて造語のネーミングで加藤商事が販売している人気のポータブル電源です。
キャンプサイトに合わせやすいカラーラインナップと見た目のオシャレさが人気でキャンパーに人気の商品となっております。
SNSでよく見かけるおしゃれポータブル電源と言えばこちらの商品です。

商品特徴

  • ワイヤレス充電機能搭載モデルあり
  • 各種ポータブル電源紹介で必ず紹介される人気ブランド
  • バッテリー交換が可能なモデル登場
  • 2019年グッドデザイン賞受賞
  • 安心の2年保証サービス

バッテリー交換が可能

PowerArQ 公式はこちら

おすすめブランド②
『Jackery(ジャクリ)』

画像出典:Jackery

JackeryブランドはApple社の元バッテリエンジニアと創立メンバーにより2012年にアメリカに誕生したブランドです。
2019年には日本法人を設立しポータブル電源を中心に販売している会社となります。
『Jackery(ジャクリ)』の語源は『Jacket』と『Battery』を組み合わせたもので、「まるで身に着けるように、バッテリーを簡単に使えるようにしたい」との事です。
ポータブル電源の分野に特化した会社となります。

商品特徴

  • ポータブル電源やソーラーパネルの専門企業
  • 大画面のディスプレイを搭載
  • 安心の2年間保証サービス
  • 防災製品等推奨認証
  • 業界では歴史のあるブランド

歴史の老舗ブランドで人気

Jackery 公式はこちら

おすすめブランド③『JVCケンウッド』

画像出典:JVCケンウッド

JVCケンウッドは音響や映像機器で有名ですが、ポータブル電源も販売しております。
こちらは『Jackery』との業務提携によるポータブル電源モデルとなります。日本企業の安心感とサポートの充実体制が特徴です。
『Jackery』のポータブル電源の品質にサポート充実で人気のカラーでおすすめです。

商品特徴

  • 音響や映像機器で有名『JVCケンウッド』で安心
  • 安心の2年間保証サービス
  • 『Jackery』との共同開発モデル
  • 『黒』×『サンドベージュ』カラー
  • 国内サービス拠点・家電量販店で受付サポート

おすすめブランド④
『Eco Flow(エコフロー)』

画像出典:ecoflow

クラウドファンティングで一躍有名になったポータブル電源のスタートアップ企業です。
次世代のポータブル電源開発が特徴的で他社にはない付加価値があるのが特徴。
『EcoFlow RIVER』は充電時間1時間で80%回復。最大10台のデバイスに同時接続等付加価値の高い商品となっております。
蓄電池に特化した『EcoFlow DELTA』も今年より販売開始して圧倒的な容量を誇り全国のEVステーションでも充電できる人気商品となっております。

商品特徴

  • クラウドファンティングで一躍有名
  • 充電時間が業界最速
  • 最大10台〜12台の同時接続も可能
  • 最大1,200W電力供給ができるX-Boostモード搭載
  • 容量のカスタマイズが可能なモデルあり
  • 蓄電池に特化した『DELTA』モデルは災害時に安心

1時間以内で80%まで充電可能

当サイトおすすめ!EcoFlow公式はこちら

おすすめブランド⑤
『Anker(アンカー)』

画像出典:ANKER

モバイルバッテリーで有名な日本企業『アンカー・ジャパン株式会社』のブランドが『Anker(アンカー)』です
ブラックカラーが特徴でキャンプサイトにも合わせやすいのが特徴です。
モバイルバッテリーのノウハウを生かしてポータブル電源開発を行なっており製品に安心感があります。

商品特徴

  • 最大2年間の製品保証
  • 残り時間が分かる大型液晶画面
  • 持ち運びしやすい商品設計
  • 丸みを帯びたデザインで高耐久性

おすすめブランド⑥
『BLUETTI(ブルーティ)』

画像出典:BLUETTI

BLUETTI(ブルーティ)はクラウドファンティングで数億円の支援を達成している日本でも近年人気のポータブル電源メーカーです。

2009年よりインバーターやバッテリー関連システム等を開発しており著作権など百件以上保有しております。

商品特徴

  • 高速充電が可能
  • リン酸鉄リチウム電池で安全
  • 充電サイクルは2,500回以上
  • アプリでの直感的な操作が可能

充電サイクル2,500回以上は圧倒的

『BLUETTI』 公式HPはこちら
もほーく

BLUETTIはこちらの記事でも紹介してます。
ゆるキャン△コラボアイテムもおすすめです

おすすめブランド集結!
ポータブル電源徹底比較大公開!

3パターンに分けておすすめを徹底比較

★キャンプを想定して3パターンに分類
①デイキャンプ〜1泊程度
400Wh以内(4万円程度)
②1泊〜2泊程度
800Wh以内(5万円〜7万円程度)
③2泊以上〜長期(災害時)
800W以上(8万円〜10万円以上)

★紹介したおすすめブランドから製品をピックアップ
★『Jackery』と『JVCケンウッド』は機能が似ている為どちらかを掲載

①ポータブル電源比較表
【デイ〜1泊】容量400Wh以内

一覧名称サイズ重量容量定格出力周波数AC電源シガーソケットUSB-AUSB-C正弦波PSE認証ソーラー充電保証充電時間LEDライト価格特色評価おすすめランキングAmazon楽天市場公式
加藤商事
Power ArQ mini2
250×175×177mm4.7kg307Wh300W
(瞬間最大800W)
50/60Hz2口1口2口1口認証済
(別売)
24ヶ月約4時間(AC)
約10時間(12V シガーソケット
あり38,500円ワイヤレス充電
カラーが選べる
パススルー充電
(4.5 / 5.0)
2位詳細を見る詳細を見る
JVCケンウッド
BN-RB37-C
231×168×134mm3.6kg375Wh200W
(瞬間最大400W)
50/60Hz1口1口2口なし認証済
(別売)
24ヶ月約12.5時間(AC)
12.5時間(12V シガーソケット)
なし44,800円瞬間最大400W
防災製品等推奨品認証
(4 / 5.0)
4位詳細を見る詳細を見る
EcoFlow
RIVER
288x185x194mm5kg288Wh600W
(瞬間最大1200W)
50/60Hz3口1口3口
(急速1)
1口認証済
(別売)
24ヶ月1.6 時間(AC)
6時間(12V シガーソケット)
なし
(容量追加で可)
39,600円1時間で80%充電
最大1,200Wの電力
容量が増やせる
防災製品等推奨品認証
(5 / 5.0)
1位詳細を見る詳細を見る

Anker
PowerHouse II 400
255×148×139mm約 4.62 kg389Wh516W50/60Hz1口1口3口1口認証済
(別売)
24ヶ月6.5 時間(AC)
6.5時間(12V シガーソケット)
あり39,800円高耐久性
パススルー充電
(4 / 5.0)
3位詳細を見る詳細を見る

おすすめはこれ!!『EcoFlow RIVER』

おすすめにランキング1位に選んだ理由

  1. 定格出力最大1,200Wなのでほとんどの家電が使える
  2. AC電源やUSBポートの数が多い
  3. 充電時間がとにかく短い
  4. 容量が足りなくても後付けで追加できる
    ⇨『EcoFlow RIVER MAX』になります。
もほーく

『EcoFlow RIVER』は全体的におすすめですね
バッテリーを追加購入する事でこの次に紹介する『EcoFlow RIVER MAX』
になりますので汎用性が高いのも素晴らしいです。

②ポータブル電源比較表【1泊〜2泊キャンプ】400〜800Wh

一覧名称サイズ重量容量定格出力周波数AC電源シガーソケットUSB-AUSB-C正弦波PSE認証ソーラー充電保証充電時間LEDライト価格特色評価おすすめランキングAmazon楽天市場公式
加藤商事
Power ArQ3
295×225×230mm6.2kg555Wh500W
(瞬間最大450W)
50/60Hz2口1口4口1口認証済
(別売)
24ヶ月約6〜7時間(AC)
約7時間(12V シガーソケット
あり79,800円ワイヤレス充電
充電が交換可能
(4.5 / 5.0)
2位詳細を見る詳細を見る
Jackery
ポータブル電源708
300×191×190mm6.8kg708Wh500W
(瞬間最大1,000W)
50/60Hz2口1口2口1口認証済
(別売)
24ヶ月約5時間(AC)なし79,800円瞬間最大1,000W
防災製品等推奨品認証
(4 / 5.0)
4位詳細を見る詳細を見る
EcoFlow
RIVER MAX
288x185x253mm7.7kg576Wh600W
(瞬間最大1200W)
50/60Hz3口1口3口
(急速1)
1口認証済
(別売)
24ヶ月1.6 時間(AC)
6時間(12V シガーソケット)
あり63,800円1時間で80%充電
最大1,200Wの電力
防災製品等推奨品認証
(5 / 5.0)
1位詳細を見る詳細を見る

Anker
PowerHouse II 800
300×185×204mm約8.3kg778Wh770W50/60Hz2口1口4口2口認証済
(別売)
24ヶ月7.1時間(AC)
7.1時間(12V シガーソケット)
あり74,800円高耐久性
パススルー充電
(4.5 / 5.0)
3位詳細を見る詳細を見る

おすすめはこれ『EcoFlow RIVER MAX』

おすすめランキング1位に選んだ理由

  1. 定格出力最大1,200Wなのでほとんどの家電が使える
  2. AC電源やUSBポートの数が多い
  3. 充電時間がとにかく短い
  4. 機能が充実してながらも価格がお手頃
もほーく

ファミリーキャンプで購入するならこちらの『EcoFlow RIVER MAX』がおすすめ!
充電時間が圧倒的に短くて容量も泊まりキャンプで充分使える容量です。
ドライヤー等も使えて家族みんなで使うこともできる魅力たっぷりの一押し製品です。

③ポータブル電源比較表【2泊以上キャンプや災害時用】800Wh以上

一覧名称サイズ重量容量定格出力周波数AC電源シガーソケットUSB-AUSB-C正弦波PSE認証ソーラー充電保証充電時間価格特色評価おすすめランキングAmazon楽天市場公式
加藤商事
Power ArQ PRO
333×273×235mm10.4kg1,000Wh1,000W
(瞬間最大2,000W)
50/60Hz3口1口2口2口認証済
(別売)
24ヶ月約7.5時間(AC)
約15時間(12V シガーソケット
132,000円カラーが豊富
パススルー充電
(5 / 5.0)
1位詳細を見る詳細を見る
Jackery
ポータブル電源1000
332×232×243mm10.6kg1,000Wh1,000W
(瞬間最大2,000W)
50/60Hz3口1口2口2口認証済
(別売)
24ヶ月約7.5時間(AC)139,800円瞬間最大2,000W
防災製品等推奨品認証
(4.5 / 5.0)
3位詳細を見る詳細を見る
JVCケンウッド
BN-RB10-C
333×244×234mm10.9kg1,002Wh1,000W
(瞬間最大2,000W)
50/60Hz3口1口2口2口認証済
(別売)
24ヶ月約7.5時間(AC)
14.5時間(12V シガーソケット
148,500円瞬間最大2,000W
防災製品等推奨品認証
(4.5 / 5.0)
2位詳細を見る詳細を見る
EcoFlow
DELTA mini
377 x 184 x 240mm10.7kg882Wh1,400W
(瞬間最大2,100W)
50/60Hz5口1口3口
(急速充電1口)
1口認証済
(別売)
24ヶ月1.6 時間(AC)
6時間(12V シガーソケット)
115,500円1時間で最大80%充電
12台のデバイスを同時
(5 / 5.0)
1詳細を見る詳細を見る
もほーく

Ankerは大容量モデルがないので対象外としております

おすすめはこれ『Power ArQ PRO』

おすすめにランキング1位に選んだ理由

  1. キャンプサイトに合わせやすいカラーラインナップ
  2. 機能が充実してながらも価格がやや安価
  3. 正直こちらの価格帯は他の製品も甲乙つけるの難しかったです
  • 『Jackery』や『JVCケンウッド』のポータブル電源でも大差ありません!!
もほーく

どの製品を選んでもしっかりとした性能を発揮すると思います!

防災対策や長期キャンプなら『EcoFlow DELTA』もおすすめです

EcoFlow DELTAが災害時におすすめの理由

  1. 高速充電1.6時間〜3時間でフル充電
  2. 大容量882Wh〜3,600Whまで
  3. 定格出力1400W〜6,000Wまで
  4. 全国のEVステーションで充電も可能
  • 比較に含めても良かったのですが、ポータブル電源というよりは蓄電池でしたのでこちらにしました!
  • キャンプや車中泊での使用でも問題ないかと思います!
もほーく

災害用に備えるな等こちらもおすすめです!!

ポータブル電源おすすめまとめ

ポータブル電源まとめ

  • ポータブル電源は下記5つのブランドから選んで安心
  • 『Eco Flow』『Power ArQ』『JVCケンウッド』『Jackery』『Anker』
  • キャンプでの使用におすすめは『EcoFlow RIVER MAX』
  • 長期キャンプなら『Power ArQ』『JVCケンウッド』『Jackery』
  • 災害用に備えるなら『DELTA』もおすすめです

1時間以内で80%まで充電可能

当サイトおすすめ!EcoFlow公式はこちら

バッテリー交換が可能

PowerArQ 公式はこちら

歴史の老舗ブランドで人気

Jackery 公式はこちら
合わせて読む
ポータブル電源『EcoFlow』ドライヤー使えて低価格

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

もほーく

キャンプ歴5年の管理人『もほーく』です。 主に関東平野のキャンプ場で生息している牛です。 ファミリーキャンプを中心にCAMPを楽しんでます。 『Twitter』/『 Instagram』やってますので宜しければフォローお願いします。 下のアイコンをクリック頂けると喜びの雄叫びをあげるだもー。

-ギアランキング
-, , , , , ,